格安航空券の仕組み|安全性も気になる!安い格安航空券の秘密とは?

格安航空券がどうして安いと思ったことはありませんか。ここでは、その料金の仕組みやサービスの仕組みについてご紹介しています。一体どのようにして格安航空券というものが成り立っているのかが一目でわかりますよ。

なんで格安航空券は存在できるの?格安航空券の仕組みとは

これは皆さん聞いたことがあるかもしれませんが、格安航空券の基本的な売り方というのは、団体航空券をばら売りにするという方法をとっています。どこか観光地に行っても団体料金というのが設定されているように、航空券にもそれがあり、修学旅行などではこれが適応されています。

基本的な格安航空券の仕組みはこうなっています

航空券をばら売りすることによって、個人が格安航空券として1枚の安い航空券を購入することができるようになっているのです。まずは航空会社が当然ですが、航空券を用意し、旅行会社の中でもホールセラー(私達も知っている大手旅行会社もこれに含まれています)に団体航空券として纏め売りします。

そして、この旅行会社のホールセラーが、小さな旅行会社などに、さらにこの航空券をばら売りして、この旅行会社が個人(一般人である私達)に格安航空券として提供しているものを、私達は手にして使用しているわけです。

ちなみにホールセラーの方がもちろん小さな旅行会社よりも持ち前が多くなっているので、その分料金を安くできたり、余裕のある販売をすることができるので、消費者にとってもメリットがあります。

LCCの格安航空券の仕組みはこんな所にあり!

大手航空会社の格安航空券もありますが、今ではLCCも台頭してきて、これは常に大手よりも安い値段で航空券を提供することができるのはどうしてだろうと思いますよね。その1つには、色々なコストカットにあります。

まずはサービスを最低限にしていることです。大手航空会社では、国内線であってもドリンクや飴のサービスがありますが、そういったものをLCCでは有料にしています。さらに、機体自体の大きさも、その装備に関しても大手と変わりませんが、何が違うかというと、座席幅です。

座席幅を狭めることによって当然ですが、席数が増えますから、より多くの人を1機に乗せることができるので、それによってガソリン代などを削ることができます。他にも、人員コストの削減のため、基本的にはインターネットで予約しないと、人手がかかる予約の仕方をすると手数料がとられます。

少しでもお得に行きたい方は、インターネットで予約することになれている方と一緒に予約することをおすすめします。他にも荷物の重さに関しては敏感なので、事前に荷物制限をチェックしないと追加料金を求められるので注意して下さい。

半額で飛行機に乗れちゃうんです

旅行に行こうと思ったとき、どこの航空会社を使うか気にする人っているんでしょうか?正直、私の場合は料金で選んでしまいます。もちろん安全性が1番大事ではありますが、料金も気になるところです。

快適に…確かにそういうものは必要なのかもしれませんが、私にとっては単なる移動手段でしかないと思っているので、快適に越したことはありませんが、安く安全に行けるのであれば快適さはそこまで求めていないかもしれません。

お金に余裕のある富裕層の方々ならそうかもしれませんが、一般人にとってみれば数千円単位の違いであったとしても安い方を選んでしまうと思います。比較的スカイマークは安いような気がします。

料金を気にしているようで厳密に比較をしていない矛盾は突っ込まないで下さい(笑)忙しいっていうこともありますが、面倒なのも嫌なタイプなので、あっ安いって思ったら他と比較することなくそのままチケット買っちゃうことの方が多いかもしれません。

もっと早くに知っておけば良かったなというのは、格安の航空券や航空チケット株主優待券の存在です。ご存知の方も多いと思いますが、私はつい先月までその存在を知りませんでした。

株主じゃないと駄目なんだとも思ってましたし、株に疎い私にしてみれば何それ?っていうようなものでしたから(笑)。ところが、かなり使える代物だったのです。株主優待券自体タダで入手するってのは株主じゃなきゃまず無理でしょうけど、株主優待券 買い取りなどをしている金券ショップなんかでも置いてあるので、誰でも入手可能なんだと思います。

ネットなんかでも売ってたりするので、より簡単に手に入れられることはできると思います。その効能は、通常料金の半額で飛行機に乗れてしまうことです。忙しい時期(年末年始とかゴールデンウィーク、お盆などなど)って中々料金の割引ってしてないんですよどこも…。

やってるとこはあるかもしれませんけど、私の知ってる限りではみつけられていません。そんな時でも、半額の料金で乗れてしまうのでかなりお得だと思います。期限内であればいつでも利用可能なので、他の割引料金の方が安いってときは無理に使う必要はありません。

その時々って感じにはなりますし、コース(行き先)によっても変わってくると思いますが、4~5千円くらい浮かすことだってできます。同じ飛行機、同じサービスを受けるのに割高な金額を払うほどお人よしではありませんから(笑)私にはとてもありがたいものです。意外と知らない人もあるので、機会があったら調べてみてもいいと思いますよ。